ファイナンシャルプランナー(FP)・資格取得のための通信講座|スクール案内

FP(ファイナンシャルプランナー)としての独立に関して

現状では、金融機関・保険会社や不動産会社で勤務している顧客担当者や、公認会計士・税理士・社会保険労務士・行政書士・中小企業診断士などの専門家が、顧客サービスの一環として取得するケースも多く、FP専門家としての独立に関してはまだまだ認知度が高いとは言えません。


アメリカなどでは個人の資産運用をファイナンシャルプランナーに依頼する事は一般的に行われていますが、残念ながら日本ではそのような環境が出来上がっておらず、FPのみの資格を取得しての独立で明るい未来を築けるとはいまだ言いがたい状況です。
顧客に関してもほとんどが一個人になるので、関連業界で経験を積み人脈や信頼関係を築いてからということになります。


しかし、時代に求められているのは事実なので、特に銀行・証券・保険会社等の金融関連業界や不動産業界などへの就職には重宝されたり、ステップアップ・転職の際の利点にもなりえますし、上記にあげるような資格と組み合わせて経験を積み包括的な専門家として将来の独立を目指すのも可能です。

ファイナンシャルプランナーには幅広い知識が必要とされるので、他の資格と組み合わせて取得し経験や知識を積んでから独立するというのが一般的な流れのようです。


しかしながら、最近では老後に関する不安や銀行預金利率の低さなどから、一般の人の金融に関する関心や資産運用への興味は高まっており、ファイナンシャルプランナーの将来性は有望であるとも言えます。


ユーキャンの通信講座はコチラ
資格

FP(ファイナンシャルプランナー)資格@通信講座|スクール情報メニュー